医療

新ひょうごの医療
病気ごとに医療の最前線を取材。
診療に役立つ情報をタイムリーに紹介します。

旧「ひょうごの医療」ページはこちら

コロナ禍1年 「第3波」医療崩壊寸前に

  • 印刷
神戸新聞NEXT 神戸新聞NEXT 神戸新聞NEXT
拡大

神戸新聞NEXT

神戸新聞NEXT

神戸新聞NEXT

  • 神戸新聞NEXT
  • 神戸新聞NEXT
  • 神戸新聞NEXT

神戸新聞NEXT 神戸新聞NEXT 神戸新聞NEXT

神戸新聞NEXT

神戸新聞NEXT

神戸新聞NEXT

  • 神戸新聞NEXT
  • 神戸新聞NEXT
  • 神戸新聞NEXT

 兵庫県内1例目の感染は2020年3月1日、西宮市在住の40代男性だった。経路は特定できなかった。

 4月に入り、感染者は最初の急拡大を見せ、同11日には「第1波」のピークとなる42人の新規感染者が出た。緊急事態宣言によって街から人影が消え、一気に感染は収束。7月から始まった「第2波」はピークの同31日に62人の感染を数えたが、季節にも助けられ、抑えられた。11月からの「第3波」では、今年1月9日にこの1年で最多となる324人の感染が記録された。同13日、兵庫も緊急事態宣言が発令されたが、2月末で首都圏に先立って解除された。

 一方、入院患者の推移をグラフ化すると、いずれの「波」も、急増期には重症者が少なく、一定の期間を経て一気に増えていることが分かる。若者中心だった「第2波」は中等症以下の入院患者が多かったが、「第3波」では多くの重症者が長期間入院していた。死者も12月から一気に増え、500人を突破した。この「第3波」では、宿泊療養者も急増し、それをはるかに上回る「調整中」患者が出たことは、「医療崩壊」寸前だったことを意味する。

 2月18日には、兵庫の医療機関でも、ワクチンの先行接種が始まった。一般県民への接種が迅速に進められ、緊急事態宣言の解除後も、社会全体として感染対策の緊張感を継続できるかに、今後の動向がかかっている。

2021/3/6

 兵庫県内で新型コロナウイルスの感染者が初確認されてから1日で丸1年となり、累計感染者は約1万8千人になった。全国的に感染拡大の波が3回襲ったが、そのたびに医療機関の病床が逼迫(ひっぱく)した。今回の「新・ひょうごの医療」は、コロナ禍に見舞われた1年をデータ中心に振り返る。(霍見真一郎)

【WEB用】兵庫の医療特集コロナ1年

天気(4月17日)

  • 17℃
  • ---℃
  • 70%

  • 18℃
  • ---℃
  • 50%

  • 17℃
  • ---℃
  • 80%

  • 16℃
  • ---℃
  • 80%

お知らせ