連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

地域共生プロジェクト

  • 印刷
鶏肉やニンジンと合わせたかき揚げなど8品目が登場した=道の駅「但馬のまほろば」
拡大

鶏肉やニンジンと合わせたかき揚げなど8品目が登場した=道の駅「但馬のまほろば」

鶏肉やニンジンと合わせたかき揚げなど8品目が登場した=道の駅「但馬のまほろば」

鶏肉やニンジンと合わせたかき揚げなど8品目が登場した=道の駅「但馬のまほろば」

 朝来市の特産「岩津ねぎ」を使った新グルメの試作会が10日、同市山東町大月の道の駅「但馬のまほろば」であった。みそあえ、カモ肉とのつみれなど地元食材と合わせた8品目が登場した。

 国史跡・竹田城跡周辺の観光振興を考える「竹田地域ビジョン会議Ⅱ」で、グルメ分科会が取り組む「特産グルメ開発」の一環。飲食店や道の駅などの委員が、岩津ねぎをテーマに各自考案したメニューを持ち寄った。

 鶏肉やニンジンと岩津ねぎのかき揚げは、とろろを付けて食べる。とろろは夜久野産の山芋で、竹田城跡の「雲海」をイメージしたという。鍋焼きうどんや刻んだ岩津ねぎを山盛りにしたラーメンも登場した。

 試作したメニューを今後、アレンジして商品化を目指すという。「但馬のまほろば」駅長で、分科会リーダーの福丸泰正さん(43)は「岩津ねぎをおいしく食べられるA級グルメを考えていきたい」と話していた。(長谷部崇)

2015/12/11

天気(8月16日)

  • 36℃
  • 28℃
  • 10%

  • 36℃
  • 24℃
  • 10%

  • 36℃
  • 28℃
  • 10%

  • 39℃
  • 27℃
  • 10%

お知らせ