連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

地域共生プロジェクト

  • 印刷

 兵庫県朝来市は13日、住民代表らが地方創生について議論する「市創生会議」に、神戸新聞社が参加することを明らかにした。同市は「金融機関や報道機関の知見も得たい」とし、5月にある2回目の同会議から、神戸新聞社パートナーセンターの室長らを新たに委員とする方針を示した。

 この日の同市会朝来市創生総合戦略特別委員会で明らかにした。

 同市は、市第2次総合計画を基に、地方版総合戦略の策定を進める方針で、市民から幅広く意見を聞くため、学識者や市内の経営者ら10人でつくる同会議を設置。すでに1回目の会合を終えている。

 また、国の地方創生人材支援制度で兵庫県では唯一、朝来市に派遣され、5月1日付で「創生担当部長」に就任する経済産業省近畿経済産業局の阿瀬太調査官も、市当局側として特別委員会に出席した。(竹本拓也)

2015/4/14

天気(8月16日)

  • 36℃
  • 28℃
  • 10%

  • 36℃
  • 24℃
  • 10%

  • 36℃
  • 28℃
  • 10%

  • 39℃
  • 27℃
  • 10%

お知らせ