ひょうご経済プラスTOP キーパーソン コロナ禍収益への影響は

キーパーソン

コロナ禍収益への影響は

姫路信用金庫・三宅智章専務理事

2020.12.31
  • 印刷
姫路信用金庫・三宅智章専務理事

姫路信用金庫・三宅智章専務理事

 姫路信用金庫(兵庫県姫路市)は今年、県内信金で最古の創立110年を迎えた。姫路を中心とする播磨地域や神戸市内に46店舗とインターネット上に1店舗を展開し、融資先は約1万社を数える。新型コロナウイルス禍の10月、専務理事に就いた三宅智章氏(45)は「地域が元気でこそ信金も生きていける。近くて頼られる存在に」と前を向く。(佐伯竜一)

 -コロナ禍を受け、取引先の状況と対応は。