ひょうご経済プラスTOP 地域発一覧 佐用町ビジネスプランコンテスト 多彩な30件、1次審査通過

地域発

佐用町ビジネスプランコンテスト 多彩な30件、1次審査通過

2020.12.24
  • 印刷
1次審査を通過し、事業計画策定のセミナーを受講する参加者ら=佐用町佐用、佐用町商工会

1次審査を通過し、事業計画策定のセミナーを受講する参加者ら=佐用町佐用、佐用町商工会

 兵庫県佐用町が初めて企画した「さよう星降る町のビジネスプランコンテスト」(神戸新聞社後援)で、書類による1次審査がこのほど行われた。国内外から計44件の応募があり、空き家を生かした計画からオンライン事業まで多彩な発想の30件が来年1月の2次審査に進んだ。

 中山間地のさまざまな課題をビジネスで解決するのが狙い。町内での起業を前提に、優勝者には最大300万円を贈る。ほかの入賞者も創業補助金などで支援する。応募の内訳は町内が26件、町外が18件。欧州からの参加もあった。