ひょうご経済プラスTOP 地域発一覧 「特A地区」の山田錦のみ使った純米吟醸生原酒「東条泉」 30年ぶりラベル一新

地域発

「特A地区」の山田錦のみ使った純米吟醸生原酒「東条泉」 30年ぶりラベル一新

2020.12.16
  • 印刷
特A地区をアピールする黄金色の「A」をあしらった。従来の白ラベルも販売している=井乃屋

特A地区をアピールする黄金色の「A」をあしらった。従来の白ラベルも販売している=井乃屋

 兵庫県加東市新定の酒店「井乃屋」は同市東条地域の山田錦で醸した「東条泉」のラベルを約30年ぶりに一新し15日、販売を始めた。高品質酒米産地「特A地区」の山田錦のみを使った純米吟醸生原酒で、ラベルは黄金色で「A」を大きくあしらった。新型コロナウイルス感染症の影響で日本酒需要が伸び悩む中、店主の井上稔也さん(60)は「回復の起爆剤にしたい」と意気込む。(中西大二)

 「東条泉」は戦前、旧加東郡を中心に飲まれた。しかし、太平洋戦争の戦犯となった東条英機のイメージと重なり、1948年ごろに販売をやめた。その後、東条地域が山田錦の産地として知られるようになり、「古里の名を冠した銘柄酒を」と復活を望む声も上がった。井上さんが地元の醸造元に声を掛け、約40年ぶりに復活させた。