ひょうご経済プラスTOP 地域発一覧 苦労重ね1年半、タマネギキムチ開発 22日発売

地域発

苦労重ね1年半、タマネギキムチ開発 22日発売

2020.11.18
  • 印刷
タマネギキムチを開発した南あわじ市の飲食店主ら=南あわじ市市市

タマネギキムチを開発した南あわじ市の飲食店主ら=南あわじ市市市

 淡路島産タマネギのキムチを、兵庫県南あわじ市商工会加盟の飲食店など5店舗の店主らが1年半がかりで開発した。苦みやえぐみから本来はキムチに向かないというタマネギを、シャキシャキの食感を残して加工することに成功。22日から「キムチの玉様(たまさま)」として販売し、参加する飲食店ではこのキムチを使った料理も提供する。(西竹唯太朗)

 取り組みを始めたのは、昨年5月にさかのぼる。「低い価格に抑えられる2等品のタマネギを、有効活用できないか」。同市商工会の異業種交流事業で声が上がった。食品ロスを減らし、農家の収入にもつなげようと、有志らが商品化のアイデアを練った。