ひょうご経済プラスTOP 地域発一覧 香住鶴「しぼりたて山廃生酒」発売 「カニ料理との相性抜群」

地域発

香住鶴「しぼりたて山廃生酒」発売 「カニ料理との相性抜群」

2020.11.12
  • 印刷
今季第1弾の新酒「しぼりたて山廃生酒」=香住鶴

今季第1弾の新酒「しぼりたて山廃生酒」=香住鶴

 兵庫県香美町香住区小原の酒造会社「香住鶴」が11日、今季第1弾の新酒「しぼりたて山廃生酒」を発売した。ふくよかな香りとこくのあるうま味が調和し、「新鮮なカニ料理との相性は抜群。冷酒でもロックでもお薦め」とアピールする。来年2月下旬まで、但馬を中心に北近畿や京阪神の小売店舗などで販売される。

 同社は全量を伝統的な生酛(きもと)や山廃で造っている。今季は9月上旬に蔵入り作業をスタート。第1弾の新酒は兵庫県産山田錦や豊岡市産の食用米を使い、約2カ月かけて仕込んだ。