ひょうご経済プラスTOP 地域発一覧 デニム?いえ皮革です「大工用腰袋」 ジーンズマニア担当者の熱意で完成

地域発

デニム?いえ皮革です「大工用腰袋」 ジーンズマニア担当者の熱意で完成

2020.10.17
  • 印刷
革の表面を削った生地「ヌバック」でデニムの風合いを出した腰袋=三木市末広1

革の表面を削った生地「ヌバック」でデニムの風合いを出した腰袋=三木市末広1

 兵庫県三木市末広1の金物卸売業「ヒマサ金物」が、デニム生地の質感を再現した皮革で、くぎや工具を入れる大工用の腰袋を売り出した。ジーンズマニアという担当者の熱意で開発を始め、たつの市の皮革業者の協力で完成。デニム素材の作業服が増える中、担当者は「コーディネートの幅が広がる」とアピールする。

 同社は20年前にふくろ倶楽部(くらぶ)事業部を設立。皮革を使った腰袋の製造・販売を始めた。新商品「朱雀」は、アメカジ好きという同事業部の船守洋平部長(40)が発案。作業現場では摩耗がひどく、工具は先端が鋭利なものも多いため、袋には耐久性が求められる。「引っ張りに強くてもこすれに弱いデニム素材で作るのは難しかった」と説明する。