ひょうご経済プラスTOP 地域発一覧 但馬の海水浴客、今夏は半減 観光客も2年連続1千万人割れ

地域発

但馬の海水浴客、今夏は半減 観光客も2年連続1千万人割れ

2020.10.05
  • 印刷
但馬県民局が入る兵庫県豊岡総合庁舎=豊岡市幸町

但馬県民局が入る兵庫県豊岡総合庁舎=豊岡市幸町

 兵庫県の但馬県民局が2019年度と20年度の夏シーズンについて、但馬の観光客入り込み数を発表した。19年度は12月までは前年並みで推移したが、冬場の雪不足と新型コロナウイルス感染拡大が響き、1年間の観光客は940万9千人(前年比4・8%減)と2年連続で1千万人を下回った。感染症の影響で今年7、8月の海水浴場は前年比51・9%減の17万5千人にとどまった。(阿部江利)

 統計は1971年に始まり、年間の観光客入り込み数が1万人以上などの基準を満たす観光地や施設、催しの客数を合算。18年度は165カ所、19年度は176カ所分を集計した。