ひょうご経済プラスTOP 地域発一覧 元帝国ホテルのベテランパティシエ 故郷の交流喫茶で絶品スイーツ提供

地域発

元帝国ホテルのベテランパティシエ 故郷の交流喫茶で絶品スイーツ提供

2020.09.18
  • 印刷
イチジクのロールケーキを手にする久米川哲也さん(左)と嵯峨山悠さん=わかば

イチジクのロールケーキを手にする久米川哲也さん(左)と嵯峨山悠さん=わかば

 東京、大阪の帝国ホテルで長年、パティシエを務めた久米川哲也さん(66)が故郷の姫路に戻り、障害者作業所を併設した「コミュニティ&アトリエ喫茶わかばや」(兵庫県姫路市岡田)で腕を振るっている。宝石のような輝きを演出したかき氷「こはく氷」などが人気。作業所利用者と住民の交流に、スイーツを通じて一役買っている。

 同ホテルに就職し、パティシエとして腕を磨いた久米川さんは2008年、両親の介護のため姫路に戻り、社会福祉法人「姫路若葉福祉会」の保育園で調理を担当。同会が今春、開設した「わかばや」の喫茶コーナーも受け持った。