ひょうご経済プラスTOP 地域発一覧 秋の味覚引き立てて 焼き魚が映える皿など販売

地域発

秋の味覚引き立てて 焼き魚が映える皿など販売

2020.09.27
  • 印刷
新米や魚を入れるのにぴったりな器が並ぶ特設コーナー=立杭陶の郷

新米や魚を入れるのにぴったりな器が並ぶ特設コーナー=立杭陶の郷

 兵庫県丹波篠山市今田町上立杭の「立杭陶の郷」内にある窯元横町で、秋の味覚を引き立てる器が並ぶ特別販売展「新米のための器とさんま皿展」が開かれている。訪れた家族連れらは、食卓に並べられた様子を想像するように器を品定めしている。10月11日まで。

 同施設内に事務局を置く丹波立杭陶磁器協同組合が、季節などに合わせて企画している。特設コーナーにはご飯を炊くための鍋や茶わん、焼き魚が映える角皿など100点以上が並んだ。また市内で収穫した新米(2キロ1070円ほか)も販売している。