プライムニュース
国内外最新ニュースの核心に迫る

  • 印刷
 中国江蘇省啓東市、上海  看板などが大量に放置され、閑散とする中国恒大集団の商業施設=9日、中国江蘇省啓東市(共同)  9日、中国江蘇省啓東市にある中国恒大集団の販売センターで、同社の販売員に両手を広げて抗議する男性(右から3人目)。警察官も仲裁(共同)  閉鎖され、閑散とする中国恒大集団の施設=9日、中国江蘇省啓東市(共同)  看板が大量に放置された中国恒大集団の商業施設=9日、中国江蘇省啓東市(共同)
拡大

 中国江蘇省啓東市、上海

 看板などが大量に放置され、閑散とする中国恒大集団の商業施設=9日、中国江蘇省啓東市(共同)

 9日、中国江蘇省啓東市にある中国恒大集団の販売センターで、同社の販売員に両手を広げて抗議する男性(右から3人目)。警察官も仲裁(共同)

 閉鎖され、閑散とする中国恒大集団の施設=9日、中国江蘇省啓東市(共同)

 看板が大量に放置された中国恒大集団の商業施設=9日、中国江蘇省啓東市(共同)

  •  中国江蘇省啓東市、上海
  •  看板などが大量に放置され、閑散とする中国恒大集団の商業施設=9日、中国江蘇省啓東市(共同)
  •  9日、中国江蘇省啓東市にある中国恒大集団の販売センターで、同社の販売員に両手を広げて抗議する男性(右から3人目)。警察官も仲裁(共同)
  •  閉鎖され、閑散とする中国恒大集団の施設=9日、中国江蘇省啓東市(共同)
  •  看板が大量に放置された中国恒大集団の商業施設=9日、中国江蘇省啓東市(共同)

 中国江蘇省啓東市、上海  看板などが大量に放置され、閑散とする中国恒大集団の商業施設=9日、中国江蘇省啓東市(共同)  9日、中国江蘇省啓東市にある中国恒大集団の販売センターで、同社の販売員に両手を広げて抗議する男性(右から3人目)。警察官も仲裁(共同)  閉鎖され、閑散とする中国恒大集団の施設=9日、中国江蘇省啓東市(共同)  看板が大量に放置された中国恒大集団の商業施設=9日、中国江蘇省啓東市(共同)

 中国江蘇省啓東市、上海

 看板などが大量に放置され、閑散とする中国恒大集団の商業施設=9日、中国江蘇省啓東市(共同)

 9日、中国江蘇省啓東市にある中国恒大集団の販売センターで、同社の販売員に両手を広げて抗議する男性(右から3人目)。警察官も仲裁(共同)

 閉鎖され、閑散とする中国恒大集団の施設=9日、中国江蘇省啓東市(共同)

 看板が大量に放置された中国恒大集団の商業施設=9日、中国江蘇省啓東市(共同)

  •  中国江蘇省啓東市、上海
  •  看板などが大量に放置され、閑散とする中国恒大集団の商業施設=9日、中国江蘇省啓東市(共同)
  •  9日、中国江蘇省啓東市にある中国恒大集団の販売センターで、同社の販売員に両手を広げて抗議する男性(右から3人目)。警察官も仲裁(共同)
  •  閉鎖され、閑散とする中国恒大集団の施設=9日、中国江蘇省啓東市(共同)
  •  看板が大量に放置された中国恒大集団の商業施設=9日、中国江蘇省啓東市(共同)

 中国経済が底割れするとの懸念が日増しに強まっている。世界の市場を揺るがす不動産大手、中国恒大集団の経営危機は出口が見えない。各地では電力不足で工場の操業停止も相次いだ。今年7~9月期の経済成長率は急減速。危機を防げるのか。習近平指導部は焦りを募らせている。

 ▽抗議

 「返金する約束だったじゃないか」。10月上旬、上海から車で約2時間の江蘇省啓東市。恒大が開発した大規模マンションの販売センターで、契約解除を求める50代の男性が抗議していた。

 退職後に備えマンションを購入しようと、9月に6万5千元(約115万円)の手付金を払った。だが恒大の経営不安が拡大。購入をやめ、恒大側も返金を承諾した。しかし実際に現地を訪れてみると拒まれた。

 「弁護士を雇う金もない。頭の中が真っ白だ」。近接する商業施設は飲食店が閉鎖され人の気配がない。恒大の看板が大量に積み重なったまま放置されていた。

 ▽停電

 「思ってもいなかった」。同じ江蘇省で9月下旬、当局から停電の通知を突然受けた日系製造業の幹部が嘆いた。電力不足による生産停止が各地で頻発。東北部の日系企業は「電力需要が高まる平日は停電が多い。連休中の操業に切り替えるぞ」と工場に指示した。

 電力不足の原因は国際的な資源高だ。原油や液化天然ガス(LNG)、石炭の国際価格が上昇。中国で主流の石炭火力発電所は軒並み採算が悪化、停止に追い込まれた。

 10月上旬の国慶節(建国記念日)の大型連休は国民生活に必要な電力を優先し、北京や上海などの大都市はライトアップが中止に。新型コロナウイルス後の景気回復へ期待された全国の観光収入は、前年割れとなった。

 ▽リスク爆発

 習指導部の警戒感は強い。中国人民銀行(中央銀行)の幹部は15日の記者会見で「恒大はやみくもに多角化で拡大し、リスクが爆発した」と異例の名指し批判をした。「個別の現象であり不動産業界全体は健全だ」と付け加えたことに、かえって危機感がにじみ出た。

 中国はエネルギー確保のため隣国ロシアから電力融通を受け始めた。英メディアによると、外交的な対立で輸入停止していたオーストラリア産の石炭も一部受け入れたもようだ。厳しく制限してきた電力価格の値上げも、電力会社の採算改善のため容認した。

 李克強首相は13~15日、恒大本社がある広東省を訪れ電力会社などを視察。「不確定要因とエネルギー供給の困難に対して、同時並行で多様な措置を打つ」と強調した。難局を乗り越えられるか。世界中が見守っている。(啓東、北京共同=渡辺哲郎、早川真、竹内健二)

2021/10/19
もっと見る
 

天気(12月3日)

  • 14℃
  • 7℃
  • 20%

  • 14℃
  • 1℃
  • 50%

  • 14℃
  • 6℃
  • 20%

  • 14℃
  • 4℃
  • 20%

お知らせ