プライムニュース
国内外最新ニュースの核心に迫る

沈没150年咸臨丸どこへ
 近代化の象徴、発見夢見て
  • 印刷
 咸臨丸を巡る出来事
拡大

 咸臨丸を巡る出来事

 咸臨丸を巡る出来事

 咸臨丸を巡る出来事

 幕末に勝海舟や福沢諭吉を乗せて太平洋を横断した軍艦「咸臨丸」が、北海道木古内町沖で沈没してから今秋で150年を迎える。沈没の経緯や具体的な場所は謎で、2018~19年には漁師の目撃情報を基に、船が造られたオランダと共同で現場の調査も行われたが、船体は見つからぬまま。日本の近代化を象徴する船で、研究者らは発見の夢を抱き続けている。

 「金属のかけらでもいい。見つかってほしい」。木古内町の有志らによる「咸臨丸とサラキ岬に夢みる会」の舛野信夫会長(77)=同町=は熱っぽく語る。「咸臨丸は激動の時代に命懸けで太平洋を横断し感謝している。いつか岬一帯を調査し、遺物を捜し出してほしい」

 咸臨丸は江戸幕府がオランダに発注し、1857年に完成。60年には幕臣たちを乗せて浦賀(神奈川県横須賀市)を出港、太平洋を横断した。69年に戊辰戦争が終わると、北海道への開拓使の物資輸送船に。71年11月(旧暦の9月)、戊辰戦争に敗れ北海道に移住することになった仙台藩白石の401人を乗せて、函館を経由し小樽に向かう途中に木古内町のサラキ岬沖で座礁、沈没したとされる。

 乗客らは助かったが、沈没した理由や具体的な地点は、当時の運航や天候の記録がなく分からない。その後、船体を見た人はなかった。

 しかし、1984年には咸臨丸の可能性がある鉄のいかりがサラキ岬沖で発見された。東京海洋大の岩淵聡文教授(海洋文化学)によると、2007年ごろに「海底に埋まっている木造の船体を見た」という漁師の証言もあった。16年にはオランダ文化庁から東京海洋大に申し出があり、その後共同で調査を開始。潜水や、海底地形を計測する「マルチビームソナー」を使い船体を捜した。

 だが、手掛かりは全く見つからなかった。岩淵教授らは、地元漁協関係者が東日本大震災で海底地形が変わったと指摘していることを受け「地震で木造の船体が海底の地中から露出し、目撃地点から流されたのではないか」と結論付けた。

 今後の調査は、改めてオランダ側と計画を立てる予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で協議が中断され、予定は立っていない。だが、岩淵教授は広範囲で調査すれば流された船体が見つかる可能性があると考えている。「咸臨丸子孫の会」の藤本増夫会長(70)=大阪市=は「今後もぜひ調査してほしい」と願う。

 岩淵教授は「沈没から150年。今も日本人の心の中に咸臨丸が生きている。発見し、歴史的な事実を再確認したい」と話している。

2021/10/16
もっと見る
 

天気(12月3日)

  • 14℃
  • 7℃
  • 20%

  • 14℃
  • 1℃
  • 50%

  • 14℃
  • 6℃
  • 20%

  • 14℃
  • 4℃
  • 20%

お知らせ