経済 経済 新商品

  • 印刷
 バイデン米大統領=21日、ワシントン(AP=共同)
拡大
 バイデン米大統領=21日、ワシントン(AP=共同)

 【ワシントン共同】米財務省が22日発表した2021会計年度(20年10月~21年9月)の財政収支の赤字は2兆7721億ドル(約314兆円)と前年度より11・5%減り、6年ぶりに縮小した。新型コロナウイルス禍からの経済活動再開で税収が増えたのが寄与した。ただ、赤字額は過去最大だった前年度に次いで2番目の大きさだった。

 財務省によると、財政赤字の国内総生産(GDP)比は12・4%となり、前年度の15・0%から縮小した。イエレン財務長官は「米経済が回復のまっただ中にあることを証明している」との声明を発表した。

 21年度の歳入は18・3%増の4兆459億ドルで、法人税や個人の所得税が大幅に増えた。歳出は4・1%増の6兆8181億ドルとなり、新型コロナの経済対策などが全体を押し上げた。

 同時に発表した9月の財政赤字は615億4400万ドルとなり、前年同月より50・6%減った。

 22年度の連邦予算は与野党の対立で成立しておらず、今年12月3日までの暫定予算でしのいでいる。与党民主党は気候変動対策などへの大型歳出法案の成立を目指しているが、財源に見込んだ増税に党内からも反対の声が出ている。

経済の最新
もっと見る
 

天気(12月5日)

  • 12℃
  • 6℃
  • 10%

  • 10℃
  • 4℃
  • 20%

  • 13℃
  • 6℃
  • 10%

  • 12℃
  • 5℃
  • 20%

お知らせ