国際

  • 印刷
 オンライン取材に応じる「Gaviワクチンアライアンス」のバローゾ理事長=21日(共同)
拡大
 オンライン取材に応じる「Gaviワクチンアライアンス」のバローゾ理事長=21日(共同)

 【ジュネーブ共同】新型コロナウイルスワクチンの公平供給を目指す国際枠組みCOVAX(コバックス)で事務局役を担う「Gaviワクチンアライアンス」のバローゾ理事長は21日、今月末の20カ国・地域首脳会議(G20サミット)の場で、新たな感染症の世界的大流行(パンデミック)に備え、基金創設などの成果が出ることに期待感を示した。共同通信のオンライン取材に応じた。

 将来のパンデミック対応に関する新たな枠組み条約制定に向けた交渉が11月末から始まるが、主権侵害を嫌う国もあり難航するとみられる。バローゾ氏は「国力のある経済大国が合意すれば(大方の)問題は解決する」と、G20の影響力の大きさに期待感を示した。

 その上で、新たなパンデミック発生時に、検査や治療、ワクチン開発・供給などの態勢を迅速に整えるため、必要な資金を平時から準備する基金の設立が「理にかなっている」と指摘した。

 また、高所得国がCOVAXよりも高価格を提示し、製薬会社から優先的に供給を受けるようなことがないようにワクチン流通でも透明性がある仕組みの確立を求めた。

 パンデミック対応については「個人的には世界保健機関(WHO)の権限強化には賛成だが、現実には実現しないだろう。新条約も発効までにあまりにも長い時間がかかり、その間(感染症で)多くの人が亡くなってしまう」と訴え、迅速で実効性のある対応が必要だとの認識を示した。

 バローゾ氏はポルトガル首相や欧州連合(EU)欧州委員長を歴任し、今年1月から現職。Gaviはポリオ(小児まひ)やはしかなどの感染症撲滅に向け、発展途上国でのワクチン普及を目指す国際組織。

国際の最新
もっと見る
 

天気(12月4日)

  • 13℃
  • ---℃
  • 10%

  • 10℃
  • ---℃
  • 50%

  • 14℃
  • ---℃
  • 10%

  • 13℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ