国際

  • 印刷
 上院外交委員会公聴会に出席した次期駐日大使候補のラーム・エマニュエル前シカゴ市長=20日、ワシントン(AP=共同)
拡大
 上院外交委員会公聴会に出席した次期駐日大使候補のラーム・エマニュエル前シカゴ市長=20日、ワシントン(AP=共同)
 ラーム・エマニュエル氏(ゲッティ=共同)
拡大
 ラーム・エマニュエル氏(ゲッティ=共同)

 【ワシントン共同】バイデン米大統領が次期駐日大使に指名したラーム・エマニュエル前シカゴ市長(61)は20日、人事承認に向けた上院外交委員会公聴会で証言し、中国が分断による制圧を目指していると批判した。「米国の戦略は結束による安全保障であり、地域の結束は日米同盟の上に築かれている」として日米同盟の重要性を強調した。ミサイル発射を繰り返す北朝鮮問題は「最優先課題の一つだ」と明言した。

 就任には外交委と上院本会議での承認が必要。エマニュエル氏は、悪化が続く日韓関係については「良いときも悪いときもあるのは間違いない」とした上で、中国や北朝鮮による「現実」の脅威に集中すべきだとの認識を示した。

 北朝鮮に関し「日本と韓国に関係し、米国にも安全保障上の懸念だ」と指摘した。

国際の最新
もっと見る
 

天気(12月4日)

  • 13℃
  • ---℃
  • 10%

  • 10℃
  • ---℃
  • 50%

  • 14℃
  • ---℃
  • 10%

  • 13℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ