国際

  • 印刷

 【ロンドン共同】英政府は17日、ロンドンを含むイングランドを対象に、新型コロナウイルス対策の入国規制を10月4日に緩和すると発表した。ワクチン接種を完了した入国者に対し、これまで課してきた渡航前のウイルス検査を免除する。日本を含む一部の国で発行された接種証明も新たに認めるようにする。

 学校が1週間休みとなる10月下旬を前に、旅行業界などで緩和を求める声が高まっていた。

 政府は感染リスクの高さに応じて海外の国を「赤、黄、緑」の三つに区分けしてきたが、今後は「赤」とそれ以外に簡略化する。現在「黄」の日本は「赤」以外に区分される予定。

 「赤」以外の国から入国する接種完了者については、渡航前の検査に基づく陰性証明の提示義務を免除する。入国後に課されるPCR検査も、10月中に簡易検査で代用できるようにする予定。

 英国や欧州連合(EU)、米国などの接種証明に加え、日本や韓国、台湾など17カ国・地域の発行分も新たに認める。証明があれば、日本など「黄」からの入国後に必要だった隔離義務もなくなる。接種が未完了の場合は、入国前後の検査と入国後の隔離が必要。

 「赤」からの入国時は、接種済みでも同様の検査と隔離が求められる。

国際の最新
もっと見る
 

天気(10月24日)

  • 21℃
  • 12℃
  • 10%

  • 20℃
  • 10℃
  • 20%

  • 21℃
  • 11℃
  • 0%

  • 22℃
  • 10℃
  • 10%

お知らせ