国際

  • 印刷
 宇宙船「神舟12号」(右奥)から下船し、手を振る飛行士ら=17日、中国内モンゴル自治区(新華社=共同)
拡大
 宇宙船「神舟12号」(右奥)から下船し、手を振る飛行士ら=17日、中国内モンゴル自治区(新華社=共同)

 【北京共同】中国の宇宙飛行士3人を乗せた宇宙船「神舟12号」が17日午後1時半(日本時間同2時半)ごろ、3カ月の任務を終えて内モンゴル自治区に着陸し、無事帰還した。国営中央テレビが中継で伝えた。中国は2030年までの「宇宙強国」確立を目指しており、国威発揚の狙いもある。

 神舟12号は落下傘を開きゆっくりと降下した。着陸後、当局の関係者がヘリコプターで現場に駆け付け飛行士の下船を手伝うなどした。

 3人は下船後、中央テレビの取材に応じ「円満に任務を完了した」「宇宙は本当に良かった」と強調した。身体の状態も良好という。

 中国は6月17日に神舟12号を打ち上げ、独自に建設中の宇宙ステーションにドッキング。飛行士が船外活動を2度行い、ステーションに飛行士の船外活動用の足場や作業台を取り付けた。

 中国は03年に初の有人宇宙船「神舟5号」を打ち上げた。今回は16年以来の有人宇宙飛行となった。

国際の最新
もっと見る
 

天気(10月24日)

  • 21℃
  • 12℃
  • 10%

  • 20℃
  • 10℃
  • 20%

  • 21℃
  • 11℃
  • 0%

  • 22℃
  • 10℃
  • 10%

お知らせ