国際

  • 印刷
 16日、米国務省で記者会見するブリンケン国務長官(右)=ワシントン(ロイター=共同)
拡大
 16日、米国務省で記者会見するブリンケン国務長官(右)=ワシントン(ロイター=共同)

 【ワシントン共同】米国とオーストラリアの外務・防衛閣僚協議(2プラス2)が16日、米首都ワシントンの国務省で開かれ、オーストラリアからの輸入に制限措置を課し、強権的な圧力をかける中国に共同して対抗する方針で一致した。ブリンケン米国務長官は共同記者会見で「中国による経済的な威圧に対する深刻な懸念」を表明した。両軍は共同作戦能力の大幅な向上も目指す。

 バイデン米政権は、日本やインドを含む4カ国の「クアッド」と、英国を含む3カ国の「AUKUS(オーカス)」のいずれの枠組みのメンバー国でもあるオーストラリアと安全保障協力を推進。米英は、オーストラリアへの原子力潜水艦配備で協力する方針も発表している。

 ブリンケン氏は中国が新型コロナウイルスの起源に関する独立調査の必要性を主張するオーストラリアを標的にして経済的圧力を強めていると批判。「オーストラリアを孤立させない」と強調した。オースティン国防長官も海洋進出を強める中国について「国際秩序を壊す試みを監視し続ける」とした。

 オーストラリアのダットン国防相は、あらゆる機種の米軍機のローテーション配備拡大で合意したと明らかにした。インド太平洋地域で米軍のプレゼンスが強化される。ペイン外相は「経済的な威圧に対抗するために協力する」と、米側支援を歓迎。同時に、中国との関係で「建設的な分野がないわけではない」とも語り、条件を設けずに中国と対話する考えも示した。

 中国はオーストラリアが新型コロナの発生源調査を求めたことに「政治問題化すべきではない」と反発し、昨年から石炭の輸入制限措置や大麦やワインへの制裁関税を発動した。

国際の最新
もっと見る
 

天気(10月24日)

  • 21℃
  • 12℃
  • 10%

  • 20℃
  • 10℃
  • 20%

  • 21℃
  • 11℃
  • 0%

  • 22℃
  • 10℃
  • 10%

お知らせ