国際

  • 印刷
 ローマの高校で、到着時に証明書のチェックを受ける教師(左)=13日(AP=共同)
拡大
 ローマの高校で、到着時に証明書のチェックを受ける教師(左)=13日(AP=共同)

 【ローマ共同】イタリア政府は16日、新型コロナウイルスのワクチン接種や陰性の証明書保持を全ての労働者に義務づけることを決めた。10月15日から。ワクチン接種を加速させるための措置といい、違反者は停職処分になる。同様の義務化は欧州で初めてとしている。

 人口約6千万人のうち、公務員や民間企業などの従業員、自営業者ら全ての労働者計約2300万人が対象となる。スペランツァ保健相は記者会見で「職場をより安全な場所にし、ワクチンキャンペーンを強化するのが目的だ」と述べた。

 イタリアでは既に学校の教職員や大学生が接種や陰性証明書の保持を義務づけられているほか、レストランの屋内席や美術館、ジム、高速列車や長距離バスなどでは、利用者は証明書の提示が必要となっている。

 新型コロナワクチンの接種対象である12歳以上の75%に当たる4千万人超が接種を完了。今月20日からは免疫力が低下した人を対象に3回目接種を開始することも決めている。イタリアでの16日発表の1日の新規感染者は約5100人で、新たな死者は67人だった。

国際の最新
もっと見る
 

天気(10月24日)

  • 21℃
  • 12℃
  • 10%

  • 20℃
  • 10℃
  • 20%

  • 21℃
  • 11℃
  • 0%

  • 22℃
  • 10℃
  • 10%

お知らせ