国際

  • 印刷

 【パリ共同】130人が死亡した2015年のパリ同時多発テロで、実行犯のうち唯一の生存者とされ、テロ殺人罪などに問われたモロッコ系フランス人サラ・アブデスラム被告(32)は15日、パリの裁判所で開かれた公判で「フランス(という国)を攻撃し、市民を狙った。ただ人々に個人的な恨みはなかった」と述べ、テロの実行を認めた。フランスのメディアが伝えた。

 アブデスラム被告は16年3月にベルギーで拘束されてから今月の初公判までほぼ黙秘を続け、言動が注目されていた。テロ実行当時、フランス軍が行っていたシリアでの過激派組織「イスラム国」(IS)に対する空爆を非難し、テロを正当化した。

 裁判長は起訴された20人のうち出廷している14人にそれぞれ起訴事実に関する発言を認めた。アブデスラム被告は「テロリストや過激派(と呼ばれるの)はイスラム教徒で、(彼らが信じるのが)本物のイスラム教だ」と主張。一方、自身の発言について「人々にショックを与えるかもしれないが、誠実でありたい。うそをつきたくない」とも述べた。

 アブデスラム被告は今月8日の初公判で、裁判長の人定質問に対し「最初に言っておきたい。アラーの他に神はない」などと挑戦的に答えた。公判は来年5月下旬に予定される判決言い渡しまでほぼ連日開かれる。

国際の最新
もっと見る
 

天気(10月24日)

  • 21℃
  • 12℃
  • 10%

  • 20℃
  • 10℃
  • 20%

  • 21℃
  • 11℃
  • 0%

  • 22℃
  • 10℃
  • 10%

お知らせ