国際

  • 印刷
 15日、韓国の潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)の発射実験(韓国国防省提供・共同)
拡大
 15日、韓国の潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)の発射実験(韓国国防省提供・共同)
 韓国の3千トン級潜水艦「島山安昌浩」(海軍提供・聯合=共同)
拡大
 韓国の3千トン級潜水艦「島山安昌浩」(海軍提供・聯合=共同)

 【ソウル共同】韓国の文在寅大統領は15日、中部の忠清南道泰安にある国防科学研究所の実験場で潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)の発射実験を視察した。大統領府が発表した。実験は成功して技術開発が完了、実戦配備に移る。韓国政府によると、実戦配備は米ロ中英仏印に続いて7カ国目となる。

 北朝鮮の新型ミサイルに対抗する狙い。15日には北朝鮮も弾道ミサイルを発射しており、南北で開発競争が加速している。韓国のSLBMは8月に就役した3千トン級潜水艦「島山安昌浩」に搭載し水中から発射、目標に命中した。

 これとは別に超音速の対艦巡航ミサイルも近く配備する計画。文氏は「ミサイル戦力の増強こそが北朝鮮の挑発に対する確実な抑止力になり得る」と強調した。

 SLBMは偵察衛星などで事前に動きを察知し迎撃するのが困難だ。軍事専門家によると、一般的に反撃用の戦力に用いられ、核弾頭を搭載した少数のミサイルで甚大な被害を与えることを想定。敵国に攻撃を思いとどまらせる「懲罰的抑止」の効果が期待される。

 韓国が導入を急いでいるのも、北朝鮮の新型ミサイル攻撃を抑止する戦略の一環とみられる。一方、実戦配備済みの国はいずれも核保有国。文政権は朝鮮半島の非核化を目指しているが、韓国内でくすぶる核武装論の議論が再燃する可能性がある。

 北朝鮮も主に対米を想定して新型SLBMの開発を継続。運用に必要な潜水艦は開発途上とみられ、実戦配備にはさらに時間がかかるもようだ。

国際の最新
もっと見る
 

天気(10月24日)

  • 21℃
  • 12℃
  • 10%

  • 20℃
  • 10℃
  • 20%

  • 21℃
  • 11℃
  • 0%

  • 22℃
  • 10℃
  • 10%

お知らせ