国際

  • 印刷
 アフガニスタンへの支援について話すグテレス国連事務総長=13日、スイス西部ジュネーブ(国連提供・共同)
拡大
 アフガニスタンへの支援について話すグテレス国連事務総長=13日、スイス西部ジュネーブ(国連提供・共同)

 【ジュネーブ共同】国連は13日、イスラム主義組織タリバンが暫定政権を樹立して混乱が続くアフガニスタンへの人道支援に向け、閣僚級会合をスイス西部ジュネーブの国連欧州本部で開催した。国連人道問題調整室(OCHA)のグリフィス室長(事務次長)によると、合計で12億ドル(約1320億円)超の拠出が各国から表明された。

 国連は今年末までに約6億600万ドルが必要だと訴えて今回の会合を開催。目標額を大幅に上回った形で、グテレス事務総長は「アフガン国民との連帯を示すという私の期待に、十分応えてくれた」と謝意を示した。

 国連によると、タリバンが実権を掌握した8月以前でもアフガン国民の半分近くに相当する約1800万人が人道支援に依拠しており、状況はこの数週間でさらに悪化している。グテレス氏は会合冒頭の演説で「アフガン国民は、かねて世界最悪級の人道危機に直面してきた。冬の到来が迫る中、多くの人は今月中にも食料を入手できない状況になる可能性がある」とし、国際社会に支援継続を呼び掛けた。

 日本は鷲尾英一郎外務副大臣がオンラインで出席し、国際機関を通じた食料など6500万ドル規模の新規支援を含め、今年中に総額2億ドルの支援を行う用意があることを改めて説明した。各国は、タリバンに直接資金を提供するのではなく、国際機関や援助団体を経由してアフガン国民に支援を届ける重要性を強調した。

国際の最新
もっと見る
 

天気(10月24日)

  • 21℃
  • 12℃
  • 10%

  • 20℃
  • 10℃
  • 20%

  • 21℃
  • 11℃
  • 0%

  • 22℃
  • 10℃
  • 10%

お知らせ