国際

  • 印刷

 【ニューヨーク共同】国連安全保障理事会は5日、ミャンマー情勢を巡るオンラインの緊急会合を非公開で開いた。開催を要請した英国のウッドワード国連大使は会合後「近日中に安保理でのさらなる行動を検討する」と記者団に述べた。外交筋によると欧米諸国は、2月に出した報道声明より格上とされる議長声明をまとめたい考え。

 声明の発表には全15理事国の同意が必要。国軍のクーデターに抗議するデモへの弾圧で死傷者が増え続ける中、理事国が国軍非難で一致できるかどうかが改めて焦点となる。外交筋によると、常任理事国で拒否権を持つ中国とロシアは非難声明に慎重姿勢を示しているという。

国際の最新
もっと見る

天気(4月18日)

  • 16℃
  • ---℃
  • 40%

  • 14℃
  • ---℃
  • 70%

  • 16℃
  • ---℃
  • 40%

  • 16℃
  • ---℃
  • 40%

お知らせ