国際

  • 印刷
 5日、イラクの首都バグダッドに到着し、カディミ首相の出迎えを受けるローマ教皇フランシスコ(中央)(ロイター=共同)
拡大
 5日、イラクの首都バグダッドに到着し、カディミ首相の出迎えを受けるローマ教皇フランシスコ(中央)(ロイター=共同)

 【バグダッド共同】ローマ教皇フランシスコは5日、イラクを訪れた。教皇のイラク訪問は史上初。8日までの滞在中、イスラム教などの指導者と対話し融和を訴える。2019年の訪日以降、新型コロナのパンデミックで中断していた外遊を再開した。

 教皇は訪問に先立ちビデオメッセージを出し、イラクでは長年紛争やテロが続き「人々はひどく苦しんできた」と指摘。「パンデミックという困難な時期に連帯を強め、共に平和な未来を築こう」と呼び掛けた。

 教皇はイラク訪問を切望してきたが、同国でも新型コロナが拡大し、最近もテロが相次ぐなど安全上の懸念が高まっている。

国際の最新
もっと見る

天気(4月18日)

  • 16℃
  • ---℃
  • 40%

  • 14℃
  • ---℃
  • 70%

  • 16℃
  • ---℃
  • 40%

  • 16℃
  • ---℃
  • 40%

お知らせ