国際

  • 印刷
 21日、米ホワイトハウスで記者団の質問に答えるバイデン大統領(中央)。後方はハリス副大統領(左)とファウチ国立アレルギー感染症研究所長=ワシントン(AP=共同)
拡大
 21日、米ホワイトハウスで記者団の質問に答えるバイデン大統領(中央)。後方はハリス副大統領(左)とファウチ国立アレルギー感染症研究所長=ワシントン(AP=共同)

 【ワシントン共同】バイデン米大統領は政権発足2日目の21日、新型コロナウイルス対策の国家戦略を発表、超大国の威信を懸けた新政権の闘いが始まった。大統領権限を活用してマスク着用の義務化を拡大、トランプ前政権下で進んだウイルスを巡る偽情報の拡散阻止にも本腰を入れる。世界最大の感染国での封じ込めの成否は政権の浮沈だけでなく、世界の状況も左右しかねない。

 米国の新型コロナ死者は40万人超。国内にはウイルスの深刻さを信じず、対策への協力を拒む保守層が存在する。連邦国家の米国では国内での大統領権限は限定的で、大きな権限を持つ州知事の協力をどこまで得られるかも焦点だ。

国際の最新
もっと見る

天気(3月7日)

  • 14℃
  • 6℃
  • 20%

  • 9℃
  • 5℃
  • 20%

  • 14℃
  • 5℃
  • 30%

  • 13℃
  • 5℃
  • 20%

お知らせ