国際

  • 印刷
 就任式で宣誓後、手を振るバイデン米新大統領=20日、ワシントンの連邦議会議事堂(ロイター=共同)
拡大
 就任式で宣誓後、手を振るバイデン米新大統領=20日、ワシントンの連邦議会議事堂(ロイター=共同)

 【ワシントン共同】バイデン米政権は、期限切れが2月5日に迫るロシアとの新戦略兵器削減条約(新START)に関し、条約規定に基づき最長の5年間の延長を目指す方針を固めた。サキ大統領報道官が21日の記者会見で明らかにした。AP通信によると、サリバン大統領補佐官が21日にも、ロシアのアントノフ駐米大使に延長を提案する。

 新STARTは、米ロ間に唯一残された核軍縮条約。ロシアのペスコフ大統領報道官は20日「米国側に本当にこの条約を延長する政治的意思が生まれたなら歓迎する」と表明している。膠着状態となり期限切れが懸念されていた交渉が近く動きだす可能性が出てきた。

国際の最新
もっと見る

天気(3月6日)

  • 15℃
  • ---℃
  • 20%

  • 10℃
  • ---℃
  • 50%

  • 15℃
  • ---℃
  • 20%

  • 14℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ