国際

  • 印刷
 ドイツ西部トリアー中心部で歩行者専用道に乗用車が突っ込んだ事故の現場付近=1日(AP=共同)
拡大
 ドイツ西部トリアー中心部で歩行者専用道に乗用車が突っ込んだ事故の現場付近=1日(AP=共同)

 【ベルリン共同】ドイツ西部トリアーの中心部で1日、歩行者専用道に乗用車が突っ込み、生後9カ月の乳児を含む5人が死亡した。報道によると、負傷者も十数人に上った。警察は、運転していた地元のドイツ人の男(51)を逮捕した。男は当時飲酒し、精神疾患を抱えている可能性があるという。政治的な背景は見つかっていない。

 目撃者は地元メディアに、男の車が高速で走り、人々がはね飛ばされたと語った。

 ドイツ中部フォルクマーゼンでは2月、カーニバルのパレードを見物していた人々に故意に乗用車が突っ込み、約50人が重軽傷を負う事件があった。

国際の最新
もっと見る

天気(1月21日)

  • 11℃
  • ---℃
  • 10%

  • 13℃
  • ---℃
  • 10%

  • 12℃
  • ---℃
  • 10%

  • 13℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ