東播

  • 印刷
黒い夏毛に生え替わり始め、ごま塩状の頭部になったズグロカモメ=高砂市内(木下文生さん提供)
拡大
黒い夏毛に生え替わり始め、ごま塩状の頭部になったズグロカモメ=高砂市内(木下文生さん提供)
黒い夏毛に変わりはじめ,ごま塩状の頭部になったズグロカモメ=高砂市(木下文生さん提供)
拡大
黒い夏毛に変わりはじめ,ごま塩状の頭部になったズグロカモメ=高砂市(木下文生さん提供)
黒い夏毛にほぼ生え替わったズグロカモメ=高砂市内(木下文生さん提供)
拡大
黒い夏毛にほぼ生え替わったズグロカモメ=高砂市内(木下文生さん提供)
干潟のカニを食べるズグロカモメ=高砂市内(木下文生さん提供)
拡大
干潟のカニを食べるズグロカモメ=高砂市内(木下文生さん提供)

 絶滅の危険が増大しているとして環境省が「絶滅危惧2類」に分類し、県のレッドリストでもBランクの渡り鳥「ズグロカモメ」が複数羽、加古川の河口近くで羽を休めている。今は冬毛から夏毛に生え替わる真っ最中。白色と黒色が交ざったごま塩状の頭を振って周囲を見渡しながら、水辺で餌をついばんでいる。

 日本野鳥の会ひょうごの幹事木下文生さん(63)=加古川市尾上町養田=によると、ズグロカモメはロシア南部などから越冬のため、日本に飛来する。加古川河口付近では毎年11月ごろに姿を現し、干潟にすむヤマトオサガニなどを食べるという。

 当初、真っ白な頭部は繁殖期に向かって羽が生え替わり、真っ黒になる。白色と黒色でまだらな状態が見られるのはこの時期だけ。繁殖に向け、3月中旬には飛び立つ。

 木下さんは「ズグロカモメたちが過ごしやすい環境が加古川にもある。大きな渡りを控えた彼らを、温かく見守ってほしい」と話す。(門田晋一)

東播
東播の最新
もっと見る

天気(4月20日)

  • 21℃
  • 11℃
  • 0%

  • 23℃
  • 7℃
  • 0%

  • 23℃
  • 11℃
  • 0%

  • 26℃
  • 9℃
  • 0%

お知らせ