東播

  • 印刷
播磨の企業が連携してできた「酒粕らーめん」=加古川市加古川町南備後、らーめん八角加古川店
拡大
播磨の企業が連携してできた「酒粕らーめん」=加古川市加古川町南備後、らーめん八角加古川店

 兵庫県加古川市を拠点にチェーン展開する「らーめん八角」が、銘酒「龍力(たつりき)」で知られる老舗酒造会社「本田酒店」(同県姫路市)の酒粕(さけかす)が入った「酒粕らーめん」を、販売している。日本酒を仕込む寒い季節に出荷される生の酒粕を使い、2月末までの限定。豚骨ベースのスープに、甘い香りがほんのり漂う。

 八角は播磨地域を中心に19店あり、ご当地ラーメンなどにも力を入れる。2011年に城の形をした焼きのりをのせたショウガ風味の「姫路らーめん」を商品化。12年には辛みそを使った鍋で知られる「神戸唐唐亭(からからてい)」(同県加古川市)のみそを使った「唐唐らーめん」を販売した。

 酒粕らーめんは交流のある本田酒店から仕入れ、1杯に90グラムの酒粕を入れる。豚骨、塩、鶏がらのスープで味を調え、とろみのあるスープに仕上げた。昨年発売したところ、期間中に想定の倍の約5500食が売れたため、2年連続で提供することにした。

 税込み858円。運営会社八角の常務取締役吉留(よしとめ)健一さん(45)は「生の酒粕を使っているので、日本酒が造られる冬場にしか味わえない」とアピール。加古川、明石、姫路、たつの、宍粟、小野、加西市と播磨、太子町の計13店舗で提供している。(笠原次郎)

東播姫路
東播の最新
もっと見る

天気(3月6日)

  • 15℃
  • 13℃
  • 20%

  • 10℃
  • 8℃
  • 60%

  • 15℃
  • 12℃
  • 10%

  • 14℃
  • 11℃
  • 20%

お知らせ