東播

  • 印刷
次々と調理される焼きアナゴ=下村商店
拡大
次々と調理される焼きアナゴ=下村商店

 おせち料理に使われる焼きアナゴの調理と出荷作業が、兵庫県高砂市高砂町北本町の老舗「下村商店」で最盛期を迎えている。店頭で早朝から焼き上げられ、周囲には香ばしい匂いが漂う。

 東播一帯では古くから、おせち料理や巻きずし、茶わん蒸しなどに使われてきた。同店は1905(明治38)年から販売する。

 調理は午前4時に始まる。職人が腹を開いて2匹ずつまとめて串を刺す。店頭の焼き場で、しょうゆをつけて両面をじっくり焼き上げる。仕上げに、酒やみりんなどで作ったタレにくぐらせると、アナゴの脂がまざって独特のうま味が引き出されるという。

 4代目の下村晋平さん(64)は「おいしいアナゴを食べてコロナに打ち勝ってほしい」と話す。1串1643円。31日まで営業し、年始は1月6日から。同店TEL079・442・0124

(笠原次郎)

東播
東播の最新
もっと見る

天気(3月3日)

  • 11℃
  • ---℃
  • 10%

  • 8℃
  • ---℃
  • 10%

  • 12℃
  • ---℃
  • 0%

  • 11℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ