東播

  • 印刷
大輪の花を付けた皇帝ダリア。最近の陽気に誘われてミツバチの姿も=加古川市
拡大
大輪の花を付けた皇帝ダリア。最近の陽気に誘われてミツバチの姿も=加古川市

 高く伸びる茎の先に薄紫色の花を付ける「皇帝ダリア」が、兵庫県加古川市の岡田孝次さん(79)方で見頃を迎えた。高さ2~4メートルの茎の上で、大人の手のひらほどの大輪が風に揺れている。

 キク科の多年草で原産地は中南米。竹のように節のある太い茎が高さ3メートル以上に成長し、日照時間が短くなる11月に花を咲かせる。

 岡田さんは15年ほど前に植えた。現在は6株あり、近所の人が毎年、観賞に訪れるという。霜が降りなければ12月まで楽しめる。妻の美和子さん(79)は「今年もきれいに咲いた。新型コロナでいろいろと大変だけれど、花を見ていたら癒やされますね」と話す。(笠原次郎)

東播
東播の最新
もっと見る

天気(1月26日)

  • 15℃
  • 7℃
  • 80%

  • 15℃
  • 1℃
  • 80%

  • 16℃
  • 6℃
  • 70%

  • 15℃
  • 5℃
  • 80%

お知らせ