東播

  • 印刷
加古川市役所=加古川市加古川町北在家
拡大
加古川市役所=加古川市加古川町北在家

 兵庫県加古川市は19日、新型コロナウイルス感染症対策として、来庁者が窓口で職員との接触を減らし、混雑を解消するための機器などを導入すると発表した。待ち時間をインターネットで把握できるシステムをつくり、証明書発行手数料の支払いにキャッシュレス決済が利用できるようにする。

 住民票の写し発行、マイナンバーカードの申請受け付けなどを担う市民課の窓口は、混雑することが多い。待ち時間の確認を可能にすることで、受け付けを待つ人で密集が生まれることを防ぐ。

 マイナンバーカードの申請サポート用タブレット端末「マイナ・アシスト」12台も、市民課や各市民センターに配備。顔写真の撮影や申請内容の確認、オンライン交付申請までを一度に手続きできるようにして、1人当たりの申請にかかる時間を約15分短縮する。

 市民部と税務部の窓口には自動釣り銭機を設置し、証明書発行手数料や各種税金の支払いで現金の受け渡しをなくす。証明書発行手数料には、クレジットカードやスマートフォンのキャッシュレス決済サービスに対応するレジを整備する。

 市は関連経費を盛り込んだ総額約9億6700万円の2020年度一般会計補正予算案を、26日開会の市議会定例会に提出する。(斉藤正志)

東播
東播の最新
もっと見る

天気(1月26日)

  • 15℃
  • 7℃
  • 80%

  • 15℃
  • 1℃
  • 80%

  • 16℃
  • 6℃
  • 70%

  • 15℃
  • 5℃
  • 80%

お知らせ