東播

  • 印刷
読み方が「じゅうひっちょう」であることを示す道路標識=稲美町十七丁
拡大
読み方が「じゅうひっちょう」であることを示す道路標識=稲美町十七丁

 兵庫県稲美町岡を走行中、十七丁の案内標識に目が留まった。ローマ字で「Juhitcho(じゅうひっちょう)」と記し、七は「ひち」と読むようだ。「じゅうしち」や「じゅうなな」でないのはなぜ?

 十七丁自治会の西川知一会長(70)に尋ねたが、「気にしたことがなかった」と首をかしげる。町立郷土資料館に確認すると、「播州弁で、七は『ひち』と発音するからでしょう」と担当者。文献はないが、一帯では17世紀後半、計17丁(町、約17ヘクタール)の田んぼが完成し、方言で表した広さが地名に受け継がれたのではと推測する。

 でも、同町内にある地名「七軒屋」は「しちけんや」。「ひち」と読まない理由を尋ねたが、「分かりません」と返ってきた。

 七(しち)面倒な質問をしてしまっただろうか。(門田晋一)

東播
東播の最新
もっと見る

天気(1月26日)

  • 15℃
  • 7℃
  • 80%

  • 15℃
  • 1℃
  • 80%

  • 16℃
  • 6℃
  • 70%

  • 15℃
  • 5℃
  • 80%

お知らせ