東播

  • 印刷
宅地造成が計画されている農地=稲美町加古
宅地造成が計画されている農地=稲美町加古

 兵庫県稲美町は、人口減少が進む母里(もり)地区と加古地区のにぎわいを取り戻すため、旧母里、加古村役場跡地周辺を宅地開発する事業者に、1区画当たり30万円を補助する制度を設けた。将来的にはスーパーなど商業施設を誘致し、より生活しやすい地域づくりを目指す。加古地区では既に開発の計画があり、業者が2021年度中に27区画の完成を目指している。

東播の最新
もっと見る

天気(10月27日)

  • 21℃
  • 13℃
  • 0%

  • 21℃
  • 7℃
  • 0%

  • 22℃
  • 11℃
  • 0%

  • 23℃
  • 9℃
  • 0%

お知らせ