東播

  • 印刷
高砂市役所=高砂市荒井町
拡大
高砂市役所=高砂市荒井町

 兵庫県高砂市が1日発表した2019年度決算見込みは、大型事業が続いている影響で、一般会計の歳出が前年度より46億700万円多い383億円に膨らんだ。市債残高390億500万円も前年度より40億円近く増え、2年連続で過去最高を更新した。

 大型事業のうち、学校給食センター建設や小中学校の空調施設整備など教育費関連は19年度でめどがついたが、21年秋の完成を目指す新市庁舎整備が本格化。市西部の松村川治水対策工事や広域ごみ処理施設整備も続いているため、20年度以降も市債残高は増える見通し。

 一般会計の歳入389億9800万年は前年度より47億4700万円増えた。前年度より増加額が大きかった市税のうち、法人市民税は企業実績が好調だったため24%増だった。実質収支は6億6700万円となり、前年度の剰余金を除いた単年度でも1億3700万円の黒字となった。

 財政指標のうち、収入に対する借金の割合を示す実質公債費比率は、病院事業などの元利償還金を減らしたことで2ポイント改善して5・9%。将来の借金の重さを示す将来負担比率66・4%は、基金を積み増して4・8ポイント改善した。(若林幹夫)

東播の最新
もっと見る

天気(10月27日)

  • 21℃
  • 13℃
  • 0%

  • 21℃
  • 7℃
  • 0%

  • 22℃
  • 11℃
  • 0%

  • 23℃
  • 9℃
  • 0%

お知らせ