東播

  • 印刷
五軒屋地区の行者堂に取り付けられた向拝=稲美町加古
五軒屋地区の行者堂に取り付けられた向拝=稲美町加古

 兵庫県稲美町加古の五軒屋地区にある行者堂に「向拝(こうはい)」と呼ばれるひさしが新たに設けられ、30日に落慶法要があった。住民ら約25人が完成を祝った。

 向拝はヒノキ製で、高さ2・5メートル、奥行き1メートル。入り口の引き戸の上を覆っている。はりには2匹の竜をあしらった彫刻が飾られている。地元建設会社「松尾建築」の会長で宮大工の松尾敏和さん(71)が無償で建て、今月20日に完成した。

東播の最新
もっと見る

天気(10月27日)

  • 21℃
  • 13℃
  • 0%

  • 21℃
  • 7℃
  • 0%

  • 22℃
  • 11℃
  • 0%

  • 23℃
  • 9℃
  • 0%

お知らせ