丹波

  • 印刷
絵本棚について、市長や施設スタッフに説明する吉良山寛仁さん(右から2人目)=丹波篠山市味間新
拡大
絵本棚について、市長や施設スタッフに説明する吉良山寛仁さん(右から2人目)=丹波篠山市味間新

 篠山産業高校(兵庫県丹波篠山市郡家)電気建設工学科建設コースを巣立ったばかりの卒業生8人が、在校中に授業の一環で製作した幼児向けミニキッチンやベンチなどの木製品を、市内の育児支援施設3カ所へ贈った。

 寄贈先は「ささやま子育てふれあいセンター」(日置)、「たんなん子育てふれあいセンター」(網掛)、「おとわの森子育てママフィールド プティプリ」(味間新)。木工班の男女が、地域貢献を目的に、昨年夏から約半年かけて手作り。グループに分かれ、各施設の要望を聞いて図面を引き、木材を加工した。

 「プティプリ」のためには園庭にあずまやを設け、絵本棚もプレゼント。絵本棚は列車をイメージしたデザインで、本を飾り、収納する機能に加え、遊びにも使えるよう運転席や客席を設けた。ケガ防止に木材の角は丁寧に丸めた。

 代表で「プティプリ」を訪れた吉良山寛仁さん(18)は「親子で楽しんでもらえたら。遊んでいる様子をSNSで見てみたい」と笑顔だった。(堀井正純)

丹波
丹波の最新
もっと見る

天気(4月18日)

  • 16℃
  • ---℃
  • 40%

  • 14℃
  • ---℃
  • 70%

  • 16℃
  • ---℃
  • 40%

  • 16℃
  • ---℃
  • 40%

お知らせ