丹波

  • 印刷
移住の相談を受け付ける「丹波篠山暮らし案内所」=丹波篠山市黒岡、市民センター
拡大
移住の相談を受け付ける「丹波篠山暮らし案内所」=丹波篠山市黒岡、市民センター

 新型コロナウイルスの影響で地方暮らしのニーズが高まった本年度、兵庫県丹波篠山市の移住相談窓口「丹波篠山暮らし案内所」を通じて同市内に移住した人が100人を超えた。窓口を開設した2009年度以降最多。相談件数も前年度から倍増。市は「以前から移住を考えていた人にとって、コロナ禍が後押しになったのでは」とみている。(金 慶順)

 同案内所は市民センター(同市黒岡)内にあり、物件の紹介や案内などの相談に電話やメール、面談で応じている。

 19年度は毎月30件前後の相談があり、1年間で計336件だった。だが20年度は緊急事態宣言が発令された4月に44件、5月に55件と増え、9月は84件に。相談件数は12月までの9カ月で計556件に上り、前年同期の2倍以上だった。

 そのうち実際に市内へ移り住んだのは、12月現在で38世帯101人。移住者の人数は14~17年度に年間26~43人で推移していたが、18年度は68人、19年度は70人だった。

 市創造都市課によると、相談は阪神間に住む30代の子育て世代などが多い。これまでの移住者は、定年退職後などの余暇を楽しみたい人らが中心だったが、近年は30~50代の子育て世代が目立つという。「テレワークをするため、部屋数の多い田舎の家に住みたい」「子育て環境がよい」などの声が寄せられている。

     □    □

 同市は3月末まで、市内への移住を考えて市空き家バンク制度に利用登録している人を対象に、「お試し滞在支援事業補助金」制度を実施している。「福住わだ家」(同市福住)と「おちかた温泉の郷農園」(同市遠方)に滞在する場合、施設の利用料金や交通費の一部を助成する。申し込みは2月26日まで。新年度も支援制度を計画している。同課TEL079・552・5106

丹波
丹波の最新
もっと見る

天気(4月18日)

  • 16℃
  • ---℃
  • 40%

  • 14℃
  • ---℃
  • 70%

  • 16℃
  • ---℃
  • 40%

  • 16℃
  • ---℃
  • 40%

お知らせ