丹波

  • 印刷
木製楽器の四重奏を披露する演奏家ら=県立丹波年輪の里
拡大
木製楽器の四重奏を披露する演奏家ら=県立丹波年輪の里

 兵庫県立丹波年輪の里(同県丹波市柏原町田路)で23日、木材研修会「木・風・音 木の心地よさを感じる研修会」が開かれた。中世ヨーロッパの木製楽器による演奏会や、同施設木工指導員の小泉匡さんが宮崎県で携わった、巨大パイプオルガン設置事業の講話があった。

 同研修会は、今回で6回目。前半の講話では、同県の劇場に設置された高さ約10メートル、幅約13・5メートル、パイプ総本数4047本のパイプオルガンができる工程を、小泉さんが自ら撮った写真を使いながら説明した。

 演奏会では、プロの演奏家4人がリュートやバスガンバなどの古楽器を用い、12~18世紀に作られた10曲などを披露。参加者約20人は、木製楽器の優しい音色に拍手を送っていた。

 同市の版画家の女性(50)は「パイプオルガンの部品に木材が使われていると知らず、木の可能性を感じた。演奏会の楽器は、見たことはあるけど音色を知らないものばかり。ぬくもりのある、温かい音だった」と話した。(真鍋 愛)

丹波
丹波の最新
もっと見る

天気(3月6日)

  • 15℃
  • ---℃
  • 20%

  • 10℃
  • ---℃
  • 50%

  • 15℃
  • ---℃
  • 20%

  • 14℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ