丹波

  • 印刷
後輩の投球を見守る中森俊介投手=多紀小学校
拡大
後輩の投球を見守る中森俊介投手=多紀小学校
篠山東野球少年団の選手たちと写真に納まる中森俊介投手(前列中央)=多紀小学校
拡大
篠山東野球少年団の選手たちと写真に納まる中森俊介投手(前列中央)=多紀小学校

 プロ野球ロッテへの入団が決まっている中森俊介投手(18)=明石商高、兵庫県丹波篠山市出身=が26日、少年野球時代に練習に励んだ多紀小学校(同市草ノ上)のグラウンドを訪れ、篠山東野球少年団の子どもらと交流した。地元スターの凱旋(がいせん)に子どもたちは盛り上がり、笑顔で投球のこつなどを学んでいた。(綱嶋葉名)

 同少年団出身の中森投手は、篠山東中を卒業後に明石商高へ進み、1年夏から4季連続で甲子園に出場するなど、エースとして活躍してきた。ドラフト会議ではロッテから2位指名を受けるなど、さらなる活躍が期待されている。

 この日は、同少年団時代からのチームメートで、西脇工高の桑形康平選手と訪問。子どもたちにロッテのお菓子やサイン色紙を手渡し、久々に再会したコーチらと笑顔で談笑していた。

 桑形選手とキャッチボールで肩をならした後はマウンドに立ち、子どもらがじっと見つめる中、ピッチングを披露。「ピッチャーはコントロールが大事」「(ボールを握るのは)緩すぎず強すぎず」などとアドバイスをしながら、子どもたちの投球フォームを確認して指導していた。

 中森投手が幼い頃から見守ってきた同少年団の籾井徹ゼネラルマネジャー(53)は「小学生の時は試合中に『一人で野球やっとるんちゃうぞ』と怒ったこともあったが立派になった。活躍がうれしい」と笑顔。同少年団キャプテンの木戸悠司君(11)は「指導がとても分かりやすかった。中森投手みたいな伸びる球を投げたい」と意気込んだ。

 中森投手は「(多紀小の)グラウンドを訪れたのは中学時代以来。懐かしい」とほほえみ、「地元の方たちの応援が力になっているので、恩返しできるように早く1軍で活躍したい」と力を込めていた。

丹波
丹波の最新
もっと見る

天気(3月6日)

  • 15℃
  • ---℃
  • 20%

  • 10℃
  • ---℃
  • 50%

  • 15℃
  • ---℃
  • 20%

  • 14℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ