丹波

  • 印刷
ペダルのない自転車「ランニングバイク」の選手権で優勝した若泰吏汰ちゃん=丹波篠山市役所
拡大
ペダルのない自転車「ランニングバイク」の選手権で優勝した若泰吏汰ちゃん=丹波篠山市役所

 ペダルのない子ども用自転車「ランニングバイク」に励む兵庫県丹波篠山市の若泰吏汰(わかたいりた)ちゃん(3)が、今月5日に東京であった「全日本ランバイク選手権シリーズ第11戦」の2歳クラスで優勝した。市内を拠点とするランバイクチーム「SPレーシング」の仲間たちと共に14日、市役所を訪れて喜びを報告した。

 足で地面を蹴って走る自転車競技。同選手権シリーズは2~8歳の子どもが出場し、年間12戦がある。コースは直線やクランクなどで、スピードは時速30キロ弱にも達するという。

 SPレーシングは2018年に発足し、市内外の子どもたち約20人で活動。川代体育館や中野医院の駐車場で週2回、夜に練習している。吏汰ちゃんは2歳のときから、兄の俐斗(りと)ちゃん(6)を追って参加。第11戦では、24人が出場する2歳クラスの予備予選、本予選、決勝の全てを1位でゴールしたという。

 市役所を訪れた吏汰ちゃんは「うれしかった」と笑顔。父でチーム代表の宏樹さん(36)は「仲間と力を合わせて楽しく練習してきた。ほめてあげたい」と話していた。

 同チームからは今年の同選手権で、俐斗ちゃんが5歳クラス4位、片桐大誠(たいせい)君(7)が6歳クラス4位、弟の司道(しどう)ちゃん(5)が4歳クラス8位に入賞した。(金 慶順)

丹波
丹波の最新
もっと見る

天気(3月9日)

  • 14℃
  • 5℃
  • 10%

  • 16℃
  • 2℃
  • 0%

  • 16℃
  • 4℃
  • 10%

  • 17℃
  • 3℃
  • 10%

お知らせ