丹波

  • 印刷
観客を入れて開かれた「トライアルライブ」の様子=丹波の森公苑
拡大
観客を入れて開かれた「トライアルライブ」の様子=丹波の森公苑

 9月1日に開幕した「丹波の森国際音楽祭シューベルティアーデたんば2020」(神戸新聞社後援)で、観客を入れた「トライアルライブ」がこのほど、丹波の森公苑(兵庫県丹波市柏原町柏原)で開かれた。約50人が、プロの音楽家5人による14曲の生演奏に酔いしれた。

 同音楽祭は丹波篠山市出身のテノール歌手、畑儀文さんが音楽監督を務め、26年目を迎えた。今回は新型コロナウイルスの影響で、音楽家が学校を訪れる「ふるさと音楽ひろば」以外は、動画投稿サイト「ユーチューブ」での演奏生配信や過去のコンサート映像公開など、ネットでの展開が中心となっている。

 今年の同音楽祭で初めて来場者を募った演奏会は、畑さんによる弾き歌い「楽に寄す」(シューベルト作曲)で開幕した。畑さんはソプラノ歌手の老田裕子さんと代わる代わる登場し、ピアノやサクソフォン、クラリネットの伴奏に乗せて、会場いっぱいに美声を響かせた。

 来場した女性(59)=丹波市=は「息遣いまで聞こえた。いろんな曲目が聞けて、心が晴れやかになった」と声を弾ませていた。

 演奏会の様子は、動画投稿サイト「ユーチューブ」で公開されている。(真鍋 愛)

丹波
丹波の最新
もっと見る

天気(1月25日)

  • 13℃
  • 7℃
  • 10%

  • 11℃
  • 4℃
  • 10%

  • 14℃
  • 6℃
  • 10%

  • 14℃
  • 6℃
  • 10%

お知らせ