丹波

  • 印刷
丹波布の反物が並ぶ会場=丹波市柏原町柏原
拡大
丹波布の反物が並ぶ会場=丹波市柏原町柏原

 手で紡いだ糸を草木で染め、手織りで作られる国の指定無形文化財「丹波布」の反物や小物を展示、販売する「丹波布展」が24日、兵庫県丹波市柏原町柏原の「ORGANIC HOUSE」と「kabura」の2カ所で始まった。約20人が計約130点を出品している。26日まで。

 丹波布技術保存会技術者協会の主催。例年は5月に開いていたが、今年は新型コロナウイルスの感染拡大を受けて延期されていた。

 反物や着物など、約50点が並ぶ会場では、赤や青、緑色などの糸で織り上げられ、作品ごとに異なる色合いの反物が来場者の目を引いていた。また、小物が展示される会場では、バッグやブックカバーなど約80点が展示されている。

 同協会の塚口佳代会長(47)は「(展示作品の)ほとんどが新作。一人一人の個性を感じてもらえたら」と期待を寄せた。

 入場無料。午前10時~午後4時(26日は正午まで)。同協会TEL090・6435・9625

(川村岳也)

丹波の最新
もっと見る

天気(11月25日)

  • 16℃
  • ---℃
  • 10%

  • 17℃
  • ---℃
  • 20%

  • 16℃
  • ---℃
  • 10%

  • 18℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ