丹波

  • 印刷
鉄骨の足場が組まれたかやぶき民家=3日午後、丹波並木道中央公園(撮影・久保田輝)
拡大
鉄骨の足場が組まれたかやぶき民家=3日午後、丹波並木道中央公園(撮影・久保田輝)

 丹波並木道中央公園(兵庫県丹波篠山市西古佐)にあるかやぶき民家で、屋根にコケが増え、雨漏りの恐れがあることから、全面的なふき替え工事が行われている。

 このかやぶき民家は、開園に合わせて同市内から移築されてきたもの。これまでにも屋根の一部分をふき替えたことはあったというが、全面的なふき替えは開園以来初となる。

 素朴な風合いの民家は、すでに周りを近代的な鉄骨足場に囲まれ、まるで一回り大きな家の中に収められたよう。このほど、グレー色のシートで覆われ、民家を外から見ることはできなくなった。

 屋根のふき替え工事は来年1月に終了予定で、見学会も計画している。同園TEL079・594・0990

(川村岳也)

丹波の最新
もっと見る

天気(11月25日)

  • 16℃
  • ---℃
  • 10%

  • 17℃
  • ---℃
  • 20%

  • 16℃
  • ---℃
  • 10%

  • 18℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ