丹波

  • 印刷
丹波篠山黒枝豆が詰まった「たる開き」が行われた=丹波篠山市渋谷
拡大
丹波篠山黒枝豆が詰まった「たる開き」が行われた=丹波篠山市渋谷

 粒の大きさと味の良さで全国にその名をはせる「丹波篠山黒枝豆」の販売が5日午前、兵庫県丹波篠山市内で解禁された。市内各地の小売店などには、収穫されたばかりの束が並べられ、さっそく買い求める観光客らでにぎわった。(綱嶋葉名)

 黒枝豆は、おせち料理で有名な黒豆「丹波黒大豆」を、枝豆用に一足早く収穫したもの。同市では他産地やわせ種と区別しやすいように、2006年から解禁日を設けている。

 同市によると、今年は酷暑や長雨が続いたものの、生育は平年並み。今後、3~4週間ほどは収穫が続くという。

 この日午前、丹波黒大豆を栽培している同市渋谷の畑で解禁セレモニーが開かれ、解禁宣言に続いて黒枝豆の「たる開き」が行われた。JA丹波ささやまの澤本辰夫代表理事組合長は「今年も丹波篠山の良い季節を迎えた。市外から来たお客さんに気持ちよく買い物してもらえるよう(新型コロナウイルスの)感染対策に取り組んでほしい」と呼び掛けた。

 新型コロナウイルス感染症対策のため、同市は黒枝豆などの秋の味覚を自宅から購入できるオンラインショッピングサイトを開設した。また、約520の農家や地元農業組合による直売では、市による配送料の一部助成も行われるという。

丹波の最新
もっと見る

天気(11月25日)

  • 16℃
  • ---℃
  • 10%

  • 17℃
  • ---℃
  • 20%

  • 16℃
  • ---℃
  • 10%

  • 18℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ