丹波

  • 印刷
「丹波篠山バーガー」をPRする(右から)NOTEの藤原岳史社長、市島製パン研究所の三澤孝夫さん、小麦生産者の川西惠さん=丹波篠山市二階町
拡大
「丹波篠山バーガー」をPRする(右から)NOTEの藤原岳史社長、市島製パン研究所の三澤孝夫さん、小麦生産者の川西惠さん=丹波篠山市二階町
株式会社NOTEと市島製パン研究所が共同開発した「丹波篠山バーガー ニッポニア」=丹波篠山市二階町
拡大
株式会社NOTEと市島製パン研究所が共同開発した「丹波篠山バーガー ニッポニア」=丹波篠山市二階町

 兵庫県丹波市の人気ベーカリー「市島製パン研究所」と同県丹波篠山市の古民家再生会社「NOTE(ノオト)」が連携し、丹波篠山牛などを使った「丹波篠山バーガー NIPPONIA(ニッポニア)」を作った。22日、丹波篠山市二階町の古民家「旧栗屋西垣」で1日だけの限定ストアを開き、100個を販売する。

 NOTEは篠山城下町などで古民家活用事業「ニッポニア」を展開。地域と食を結びつけようと老若男女が手軽に楽しめるメニューを考えていたところ、市島製パン研究所(丹波市市島町喜多)の三澤孝夫さん(59)と出会い、レシピ開発や調理を依頼した。

 「子どもたちが安全に食べられるパン」を心掛ける三澤さん。丹波篠山市内産の小麦などを使ったバンズで、丹波篠山牛とオーストラリア産牛を合わせたパティを挟む。タルタルソースの卵とタマネギ、黒みそソースの黒豆も市内産で、具材はシンプルだが、パティは150グラムのボリュームだ。

 限定ストアは10月にも開く予定で、将来的には固定店での商品化を目指す。NOTEの藤原岳史社長は「食べれば食べるほど地域が元気になるバーガーになれば」と話していた。

 1個1200円(税別)。地ビールやジェラートも販売する。22日の販売は午前11時からで売り切れ次第終了。事前予約はnipponia‐burger‐sasayama@googlegroups.comまで。

(金 慶順)

丹波の最新
もっと見る

天気(10月27日)

  • 21℃
  • 13℃
  • 0%

  • 21℃
  • 7℃
  • 0%

  • 22℃
  • 11℃
  • 0%

  • 23℃
  • 9℃
  • 0%

お知らせ