丹波

  • 印刷
マスクや布の提供を呼び掛けるスタッフたち=プティプリ
拡大
マスクや布の提供を呼び掛けるスタッフたち=プティプリ

 NPO法人「里地里山問題研究所」(兵庫県丹波篠山市味間新)が運営する子育て支援施設「おとわの森子育てママフィールド プティプリ」(同)では、布マスクなどの寄付を求めている。当面の間、継続する。

 新型コロナウイルスの影響で一時的に品薄となったマスク。感染拡大防止のため、政府は全戸への布マスク配布を決めたが、届き始めた頃にはすでに店先やネット通販などで入手しやすい状態に。そこで、不要になったマスクを広く募り、丹波市青垣町文室の児童養護施設「睦の家」へ無償で贈り、使ってもらうことにした。

 募集しているのは未使用のもので、政府が配った布マスクや手作りマスクなど。また、白地のマスクを子ども向けに柄付きなどにリメークするための端切れ布の提供も呼び掛けている。

 リメーク作業への参加者も募っている。スタッフの女性は「第2波が来たときに子どもたちが少しでも着けやすいマスクを贈るため、協力してもらえたら」と話している。プティプリTEL079・550・9036

(綱嶋葉名)

丹波の最新
もっと見る

天気(8月16日)

  • 36℃
  • 28℃
  • 10%

  • 36℃
  • 24℃
  • 10%

  • 36℃
  • 28℃
  • 10%

  • 39℃
  • 27℃
  • 10%

お知らせ