丹波

  • 印刷
寄付を呼び掛ける「丹波市オンラインプロジェクト」のメンバー(同プロジェクト提供)
拡大
寄付を呼び掛ける「丹波市オンラインプロジェクト」のメンバー(同プロジェクト提供)

 兵庫県丹波市出身の学生や社会人の若者有志12人でつくる「丹波市オンラインプロジェクト」は、市内の中学校にウェブカメラなどを贈るため、寄付を募っている。21日まで。

 青垣中学校出身で、京都大学公共政策大学院1年の藪下文也さん(23)が発起人。新型コロナウイルス感染拡大の影響で臨時休校が続いていた故郷の教育を支えようと、5月初めに活動を始めた。第1弾では友人や知人らから寄付を募ってウェブカメラなどを購入し18日に柏原中へ寄贈した。

 6月に入って学校は再開されたが、同プロジェクトは「全中学校に最低限のオンライン授業環境を整備する必要がある」と判断。新たに寄付を募り、タブレット端末やウェブカメラなどを追加購入して、各中学校に贈ることを決めた。

 藪下さんは「仕事や学業との兼ね合いで、おそらく最後の活動になる。市内外からたくさんの支援をいただきたい」と、協力を呼び掛けている。

 目標金額は46万円。寄付の方法など詳細は、ホームページ(https://tambaonlinepj.wixsite.com/website)へ。

(藤森恵一郎)

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

丹波の最新
もっと見る

天気(8月16日)

  • 36℃
  • 28℃
  • 10%

  • 36℃
  • 24℃
  • 10%

  • 36℃
  • 28℃
  • 10%

  • 39℃
  • 27℃
  • 10%

お知らせ